藤村忠寿Dープロフィール-水曜どうでしょうカテゴリの記事一覧

水曜どうでしょうの生みの親!ナイスなオヤジキャラ藤村ヒゲD!

水曜どうでしょう 出演陣 どうでしょう班とは-


 

この人なくして水曜どうでしょうは語れない!生まれない!
大泉洋の引き立て役スパイス的存在 HTBディレクター 藤村 忠寿(ふじむら ただひさ)
1965年5月29日生まれ。血液型 O型 
愛知県新城市に生まれる。
名古屋市立向陽高等学校→北海道大学法学部卒。1990年にHTB入社。
北海道テレビ放送(HTB)コンテンツ本部報道制作センター制作グループに所属している。
ディレクター以外にもナレーターやテレビドラマ監督なども努める。
いまやHTBの代表看板番組であり、全国の多くのテレビ局で放送されている人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」のチーフディレクター兼ナレーターとして知名度を上げている。
1996年10月より放送を開始した「水曜どうでしょう」
その1年前になる1995年秋にHTB東京支社の営業部からHTB本社の制作部に異動となる。
何も知らない状態からテレビ番組を製作していくことなる。
当時のHTBの深夜番組「モザイクな夜V3」を担当していたが〆切に追われ、構成作家・タレントなどのコネクションがなかったので
初めて制作したVTRは藤村ディレクター自身が裸になり股間にゾウさんのじょうろをつけて踊るいう波乱万丈のスタートとなった。
これを見ていた当時出演者の鈴井貴之は、とんでもないやつがやってきたと当時を振り返る。
また編集作業なども何も知らずに「2秒の素材を1秒にしてほしい」と当時の音響効果の工藤氏に伝えたが「そんなことは出来ない」と怒られたこともある。
その後は出たがりの性格が出てきてディレクターとして雅楽戦隊ホワイトストーンズなどを初めとする自分が担当する番組の企画に頻繁に出演ようになった。
その当時、大学生であった大泉洋の隠された才能や高い将来性をいち早く見出し、その素材を生かし北海道を代表する人気ローカルタレント、そして北海道のスターに成長させたのもこの藤村ディレクターの功績と言っても過言ではないだろう。
本編「水曜どうでしょう」そして続く「どうでしょうリターンズ」さらに「水曜どうでしょうClassic」は地方ローカル番組としては異例の全国規模の放送、DVDの全国発売、さらにインターネットでの放送、番組オリジナル本、オリジナル写真集発売、オリジナルイベントなど様々な事業を展開していくこととなる。
HTBのメイン番組「水曜どうでしょう」などほかに舞台に出演もしている。北海道新聞の夕刊のコラム連載、各雑誌出演、コンピューターゲームの「対決列島」タイピングゲームにも出演するなど出たがりディレクターとして思う存分才能を発揮させている。
学生時代はラグビー部に所属し主将を努めた。ポジションはフッカー。体格がいいのはここからきていると思われる。

HTB社員としての藤村ディレクター
HTBに入社したきっかけは大学生時代にHTBでアルバイトをしていた時にテレビを観て笑ってられる仕事がしたいと思ったからと語る。

また藤村ディレクター自ら入社前よりバラエティ番組が好きだったらしくその影響もあるのだろう。
入社して5年間はHTB東京支社営業部に所属してCMなどの営業に携わった。
これが後の視聴率を重視した番組作りにつながるのである。
また出世することには水曜どうでしょうで共演している大泉洋は2004年の水曜どうでしょうのDVDの中で藤村ディレクターは労働組合のリーダーを努めていて、会社に反抗的だから出世出来ない。と語っている。またドラバラ鈴井の巣を担当している多田健ディレクター(通称”ただけん”)を初めとする後輩ディレクターの地位が上がってきていることについては、同期入社である杉山順一ディレクターと共に戦々恐々としているようだ。
藤村ディレクターのトレードマークともなっているヒゲはHTB入社3年目から生やしており、生やした理由は「会社に対するささやかな反抗」だといわれる。
水曜どうでしょう放送開始より基本的に同番組関連業務を嬉野雅道ディレクターと共に専任で務めている。
しかしスノーボードのイベントである「TOYOTA BIG AIR」の出場者紹介のVTR製作、ドラバラ鈴井の巣「なんてったってアイドル!」(最終話、2004年12月16日放送)北海道厚生年金会館からのステージ生放送中継ディレクター、2002年から特番「気合一番!YOSAKOIソーラン祭り 審査会場独占生中継!」の中継演出(2003年よりプロデューサー。2006年のNo.1決定戦の特番はBS朝日を通じて、全国に生中継された)などHTB全社を挙げて取り組む重要番組の制作にも携わり、幅広いジャンルで活躍するなど今やHTBになくてはならない存在。
HTB社員ではあるが、テレビ神奈川(TVK)の番組「saku saku」に声で出演したこともある
「オートバックスM-1グランプリ2005」の北海道予選で審査員を務めたこともある。ちなみに縁のあるオクラホマはこの予選で敗退している。


人気番組 水曜どうでしょうのチーフディレクターの藤村

水曜どうでしょうではチーフディレクターとしての業務のほか、ナレーターとしても主に声のみで出演している。これがヒットの理由のひとつとなった。
ただ、レギュラー放送最終回のときやインプレスTVでの放送では顔も出している。またどうでしょう番組内でも時折ちらっと顔や全身が映ることもしばしば。
だが、カメラマンを努める嬉野ディレクターが意図的に撮っているわけではないので見切れ扱いとなっている。
番組内では企画の説明などをしたり、出演陣に偉そうに命令する役を担当してなかなかの美声を披露している。
そして藤村ディレクターの水曜どうでしょうへの接し方の集大成とも言えるのが大人気企画 対決列島の「チームびっくり人間」の大将、魔神として出演が有名である。
この企画内では顔は出さないが実質的に主役の座を演じ、ミスター鈴井、大泉洋、安田賢などプロのタレント陣を完全に食ってしまうほどの存在感が溢れている。
またこの人気企画がパソコン用のタイピングゲームとなったときもゲームにも出演した。
さらに水曜どうでしょうでは番組のナレーションも担当。始めるきっかけは、ある新番組の告知を読んでくれと依頼されたことによる。
案外うまい具合にできたのでそれ以来、担当番組においては自分でナレーションを行っている。
嬉野ディレクターはプロがやっているのかと思っていたと語っている。素人とは思えない味のある声で上手なナレーションを行う。彼の隠れた才能である。
専門家のナレーターに依頼するよりも大幅にコストや時間を短縮、削減出来るしまた他人にやらせるよりも融通や小回りも利くため、結果的によりクオリティの高いナレーション作りが可能となって相乗効果が高くなっている。
水曜どうでしょう 公式サイト上やグッズ類などにても「藤やん犬」として活躍し、「水曜どうでしょう official website」内の電子BBSの運営管理者も努める。
またさらに水曜どうでしょうグッズのアイデア考案、それの宣伝にも力を入れている。
テレビ番組を作ることを心から愛し、、日本テレビ放送網(日テレ)のあの電波少年で有名な土屋敏男メディアコンテンツ部長からも「この番組を作った人は、本当に愛されている」と称されたこともある。
藤村ディレクターの私生活
生まれて初めて行ったコンサートはスターダストレビュー。大泉洋がスターダストレビューとCDをリリースした時は非常に喜んだと言われている。
一緒にコンサートに行った女性は藤村ディレクターの奥様となった。また初めて見た有名人は近所のスーパーに来ていた新沼謙治らしい。
ローカル番組ハナタレナックスの出演者大泉洋のミュージックステーション出演特集の放送回は、大泉洋がMステに出演していた時の制作部の様子で、藤村ディレクターは大泉洋の出演しているテレビに向かってカメラを回していたらしい。
またアウトドアの趣味を多く持ち、HTB出社前に釣りに行ったり、また早朝にジョギングしたりはてまでガーデニングしたり庭にウッドデッキを作ってみたりしている。
プライベートでは三人の子供を抱えている。次女と長男は「制作コスト削減」の目的で子役として舞台やテレビに出演したことがあるらしい。
サンタクロースに関して長女は「お父さんがサンタクロースに会ったから」という理由で信じていたらしいが、最近は友達の影響からか気づいたらしい。
またさらに長男が気づきつつあることに夫人とともに戦々恐々としている。
実家は名古屋市中区にある喫茶店「ラディッシュ」。水曜どうでしょうの番組撮影でも登場する”聖地”として、どうでしょうファンが多数訪れる場所にもなった。かなり有名。
今まで製作した番組ダイジェスト

テレビ番組
モザイクな夜V3(HTB 1995-1996.9)ディレクター(後期はチーフディレクター)
水曜どうでしょう(HTB 1996.10-)チーフディレクター(編集・ナレーション)
「どうでしょうリターンズ」・「水曜どうでしょうClassic」
DVD
水曜どうでしょうDVD全集:チーフディレクター(編集・ナレーション)
演出
テレビドラマ「四国R-14」(2000年、HTB)
舞台「水曜天幕團旗揚げ公演 『蟹頭十郎太』」(2003年)構成・演出
作詞
雅楽戦隊ホワイトストーンズ〜愛のテーマ(鈴井貴之と共同作詞)

 連載
北海道新聞「テレビな人々」

参考文献
水曜どうでしょう写真集(2003年、HTB刊)
どうでしょう本 創刊号(2004年、HTB刊)
どうでしょう本 第2号(2005年、HTB刊)

関連リンク
HTB
水曜どうでしょう(HTB)
水曜天幕團
ドラバラ鈴井の巣
インプレスTV

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。