水曜どうでしょうはこうして始まった!サイコロの旅は絶大な人気シリーズとなった

水曜どうでしょうスタイル

番組は1996年10月9日より放送開始

レギュラー出演陣はOFFICE CUE社長でもあり映画監督でもある鈴井貴之大泉洋

ロケ同行ディレクターは藤村忠寿(ヒゲ・デブ)と嬉野雅道(うれしー)

基本的にこの4人で旅やおもしろ企画を行っている。

その他にも安田さんや音尾さんなどチームナックスのメンバーが時折参加する。



開始当時は固定の出演者・企画の設定は無かった。

前身番組である『モザイクな夜V3』の延長線上の番組として様々な企画を行っていたが、

その一つである「鈴井・大泉による旅メインの企画」が人気となった事から、1997年後半には旅企画へと一本化していき現在のスタイルとなったと言われる。



番組放映開始当初より「3低」「低予算」「低姿勢」「低カロリー」がモットー。

最初の頃は数回分の製作予算での国内での移動が多かったけど、後期になると数ヶ月分の製作予算を一気に使って行く国外への旅が増えてくる。



2002年9月にレギュラー放送を終了

その際に「今後、一生続けられるペースで『水曜どうでしょう』をやっていく」と宣言。

いわゆる有名な『一生どうでしょうします』宣言が飛び出す。

それをきっかけに、現在は不定期での新作放送や、過去に放送された企画のDVD化が行われ根強い人気を誇る。

またテレビ以外の形でファンを楽しませる事を目的として、どうでしょう本の制作や水曜天幕團による演劇公演、どうでしょう祭りなど様々な番組関連イベントも行っている。

どうでしょうは北海道外でも全国規模で放送されており、この影響で大泉洋が出演しているSTV『1×8いこうよ!』など、北海道で制作されるローカルバラエティ番組にもスポットが当たるようになった。



[編集] 制作スタイル

第1回放送にある「東京でアンルイスへのインタビュー企画」の撮影帰りに、せっかく東京に来たのにそのまま帰ってはもったいないということになり

鈴井貴之が考えた「サイコロの出た目で次の行き先と乗り物を決定し、東京から北海道へ帰ってくる」という「サイコロの旅」という企画が行われた。

実質これが水曜どうでしょうの始まりとなり、これをきっかけとして「旅番組」というひとつのスタンスが生まれた。



旅番組としての要素が盛り込まれているものの、当初は地方局の深夜番組ならではの少ない予算しか無かったため、移動には「深夜バス」(夜行バスの番組内での呼び名。本来深夜バスとは通勤バスの深夜便のことを指す)などを利用。その道中に繰り広げられるタレントとスタッフの喧嘩、言い争い、罵り合い、座席や料理をめぐる醜い争い、愚痴などをそのまま放送したところ、口コミなどで「面白い番組」という噂が広がっていったわけである。

「サイコロの旅」などのロケ企画がメインであることからドキュメントローカルバラエティ番組と言えるのではないだろうか。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。